太陽光発電システムの特徴について

太陽光発電システムの特徴

太陽光発電システムはどんなに利回りが高くともその性質上10年近く以上稼働を続けないと回収ができませんが太陽光発電システムの場合、火力発電や原子力発電などと違い燃料の供給も必要なく廃棄物も出ず、駆動部品が非常に少なく無くパーツの寿命も比較的長くあります。太陽がのぼる確率を考えると空室や沿線の状況に左右される不動産物件の投資のリスクなどと違い、他の投資で考えられるリスクの確率よりも格段に低いはずです

土地付き太陽光パネル

投資物件として見た
土地付き太陽光パネルの特徴

太陽光発電システムへの投資を考えた場合、総じて長期運用が必要となるが大きなメンテナンスが必要なく、維持管理コストも抑えやすいローリスクな物件として扱うことができます。


太陽光発電システムへの投資について

土地付き太陽光物件は他の投資物件と比べて利回りが高く、ランニングも安定しておりが維持しやすい特徴があります。例えば不動産マンションの利回りは土地や物件のより大きく違い投資の規模も様々ですが基本的に不動産マンションの利回りには空室のリスクが加味されていません。表面利回り16%の物件は空室率が50%だと実質8%になってしまいます。 少子化などを辿る現状により不動産投資のリスクは今後さらに高まると考えられます。
また、投資の王道である株式投資も高利回りが期待できますが合わせて非常にハイリスクな面が強くあり熟練者向けだと言えます。

他の投資物件との違い(イメージ)

  • 太陽光パネルへの投資

    太陽光パネルへの投資イメージ 太陽光パネルへの投資イメージグラフ
  • 不動産への投資

    不動産への投資イメージ 不動産への投資イメージグラフ
  • 株式証券への投資

    株式証券への投資イメージ 株式証券への投資イメージグラフ

太陽光パネルのメンテナンスについて

メンテナンスについて

太陽光パネルには安定性も高く基本的にはメンテナンスフリーで太陽光がある限り発電するものですが、自然の中に設置するものなので砂塵の多い場所や、PM2.5、黄砂などの影響がある場所や鳥のフンなどが多い場所などではメンテナンスを行い発電効率の低下を防ぐことも必要です。


太陽光パネルのランニングや保険について

ランニングや保険について

太陽光発電システムは燃料代などのランニングコストはありませんが土地の固定資産税などが維持費として必要になります。
また先に挙げたメンテナンスを行う費用や自然災害による影響や盗難にあった際の保険に加入した場合もランニングコスト必要になる場合もあります。
株式会社原田では物件ごとにお客様に最適なメンテナンスプランや保険についてもご紹介させていただきます。


高い信頼性からの安定した利回り

株式会社原田では信頼性が高く安定した利回りを可能とした土地付き太陽光パネルのご紹介をしています。