太陽光発電システムのメリットについて

太陽光発電システムのメリット

現在の太陽光発電システムの利回りは10%前後の利回りのものが多く、単純計算で10年運用してからが本番となります。そして20年間の運営で倍になります。そこから運営に係る費用や修理などの対応分を差し引くことになります。太陽光発電システムは、故障がない限り太陽の光があれば発電し収入になり、太陽がのぼらない確率は、他の投資で考えられるリスクの確率よりも格段に低いはずです。
また20年経っても売電を続けることや太陽光発電システムを販売、リースすることなどの選択肢があります。

太陽光パネルの開始から20年間の収益イメージ

太陽光パネルの開始から20年間の収益イメージ

他の投資物件にはない可能性

現在はFITによる売電が買取価格の低下により太陽光発電システムへの投資が下火になりつつあります。 しかし、今より20年後は電力の自由化による新規参入の業者が増える可能性や電気自動車の普及に伴うクリーンエネルギーへの需要、蓄電技術の進歩やパワーコンディショナーのさらなる高性能化も強く望めます。
太陽光発電システムからの電力を専門に買取を行う業者が現れる可能性も高いと見受けられます。

太陽光発電システムへの投資には他の投資物件にはない安定した運用からの先を見据えた可能性もあります。

土地付き太陽光パネルの他の投資物件にはない可能性

FIT終了後の売電について

FIT終了後の売電について

FITの期間終了後は太陽光発電システムを処分することが大半ですがシステムの状況によって売電事業を継続も可能です。 その際は売電価格を電力会社との競技の上で決定されます。
現在の予測では現在の売電価格よりも低いとされていますが、
その時のエネルギー事情に大きく左右されるものと思われます。
また、20年先の話になりますので市場も大きく変化し自由化された市場になると考えられます。


先を考慮した機器による安定性

株式会社原田は信頼性の高い機器により優れた発電量と高い利回りを出せる
安定した土地付き太陽光パネルの物件をご紹介をしています。